トヨタ SAIという選択 - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール

トヨタ SAIという選択

プリウスと並ぶトヨタのハイブリット(以下HV)専用車である "SAI" であるが兎に角、地味なイメージが真っ先に浮ぶ。(中古車市場で割安感のあるMC前モデルに関しての話し)
それもそのはず、エクステリアをパッと見ただけでは特徴のない普通のセダンに見えてしまい、まずハイブリット車とは気付き難く、テールレンズにHV専用車の特徴であるクリスタルレンズの違いを僅かに感じ取れるくらいである。SAI_1プリウスというHV専用車はエクステリア・インテリアを含め、ちょっとだけ奇抜に演出することでHV車であることを前面に押し出し、誰が見ても一目でそれと分かるアイコンを掲げることで多くの一般ユーザーに支持されてきた。

過去にトヨタは「小さな高級車」とのキャッチコピーで1998年(平成10年)に "プログレ" という名のセダンを発売したことがあった。
全長4,500mm、全幅1,700mmのコンパクトボディーに搭載されるエンジンは2.5L、3.0L、直列6気筒の2機種のみと思い切ったパッケージングで発表当時は話題になったものの、エクステリアデザインは保守的、高級車は物量的に大きくなければならない・・・ と市場に受け入れられることなく、1代限りでカタログからドロップしてしまったとの経緯がある。SAI_2しかし "SAI" は目立たないHVながら動力を含めた基本性能はプリウスを大きくリード、カタログ燃費(JC08モード)こそプリウスに劣るが、それを差引いても選択する価値はあるのではないかと。。。
その証拠にレクサスブランドからは "SAI" と同一プラットフォームを採用した "レクサス HS" が存在する。ご存知の通り中古車の市場価格は、新車時の性能や完成度によるものではなく、簡単に言ってしまえば人気や知名度のあるなしに要約されてしまう。
で、あれば人とは少しだけ趣が違い中古車市場で割安感のある "SAI" を選択肢に加えてみることもひとつの手段では。。。
SAI_3"SAI" と "プリウス" のサンプルカーは1度目の車検を迎えた2012年式(平成24年))を抽出し、オークション市場価格を比較してみると。。。

SAI 2.4G 新車本体価格 379万円(税込み) オークション市場で最も流通量が多い
SAI 2.4G ボディカラーパールホワイト 走行距離5.7万km「評価4.5点 内装評価B」落札価格117万円(税抜き)

プリウス 1.8G 新車本体価格 259.2万円(税込み)
プリウス 1.8G ボディカラーパールホワイト 走行距離5.4万km「評価4.5点 内装評価B」落札価格107万円(税抜き)

新車本体の価格差119.8万円だった両車輌が、オークション市場価格になるとその差額は10万円程度になってしまう。車輌条件はまったく同じではないものの、これだけの価格差があって "SAI" が気になるクルマなら不人気車と言うだけで選択しない理由はないだろう・・・


このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る