ブランド力って。。。 - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール

ブランド力って。。。

街で見掛けた "レクサス" のキャリアカー
レクサスブランドに余り興味のない私でも特別な何かを感じる。。。
ブランド力_12005年に日本国内でレクサスブランドを立ち上げたとき、ここ茨城県では「茨城トヨタ自動車(株)」が事業展開を手掛けたけど、当時の知り合いである関係者達は口をそろえて「日本では厳しいよな〜」って言ってたことを思い出す。
事実、レクサスブランドを事業展開した数年間の業績は決して順調ではなく、逆に撤退も。。。なんて話しが聞こえてきたくらい。(あくまで地方都市である茨城県内の話しで、一部の都心部では順調だったらしいですが・・・)
今ではいちブランドとして確立し商品構成、知名度ともに「レクサスじゃなくては・・・」と指名買いされるまでにブランド力を高めたのではないかと。。。ブランド力_2天井はパネルで覆われているのではなく、オープンタイプのキャリアカーであることに初めて気付く!
そこは "トヨタ自動車のような大企業であるからこそ成し得たのだ" と言ってしまえば簡単かもしれないが、選ばれし営業職の方の教育に始まって日本流の接客方法の頂点を目指すための研修、それにレクサス専用のキャリアカーまで導入して「あなただけのレクサスを大切にお持ちしますよ!」と対外的にもアピールしたり多角的な営業活動が功を奏した結果、現在のレクサスがあるのではないかと思う。

ドイツ、フォルクスブルクにあるフォルクスワーゲン本社工場併設の "アウトシュタット"(自動車の街)はテーマパークでありながら、希望すれば各地のディーラーで購入した新車を納車して貰えると言う "なんとも憎い演出" をしてくれるらしいが、これだってクルマ好きを虜にしブランド力を高めるには大切なセレモニーなのだろう。ブランド力_3今と違って荷台がスライドするのではなく、車体をアウトリガーで持ち上げるタイプに時代を感じる!
ホンダも過去 "初代NSX" を工場から各ディーラーに運搬するのため専用のトランスポーターを導入した経緯があるが、これもNSXオーナーの心をくすぐり特別感を演出する手段だったはずだ。

中古車を代行方式で手掛ける販売方法にとって、ブランド力を持つことはとても難しいものだと思う。けど、なにも大企業を見習って同じような手法じゃなく、別なアプローチの仕方があのではないかと。。。 これからもまだまだ勉強する必要がありそうですし、一朝一夕には行かないものですね・・・(汗)

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る