光軸検査で光量不足。。。 - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール
2016年05月31日 [メンテナンス(DIY)]

光軸検査で光量不足。。。

先週の話になってしまいますが、こちらのクルマの新規(中古)検査で、またまた茨城陸運支局へ。
ここで参考までに中古車であってもナンバープレートの付いていないクルマ、つまり車検がないクルマの車検取得をする場合には「新規検査」となってしまい、また逆に車検が切れてしまったクルマでもナンバープレートさえ付いていれば「継続検査」扱いになりますのでご注意下さいね。光軸検査_1で、話しを戻してユーザー車検で最も不合格となりやすいのが "光軸検査" の項目。
今回のクルマはロービーム側に社外品のHIDバルブが組み込まれていた車輌であったため、経年劣化によるまさかの光量不足。。。
ヘッドライトの検査項目は光軸検査だけでなく光量についても同時に検査され、光量が一定の範囲内に収まってなければ不合格となってしまいます。
一定の光量がどれくらいなのかは残念ながら不明ですが・・・(汗)

ハロゲンバルブであれば「KOITO製」や「スタンレー製」などに代表されるよう、国内ブランド(製造は国内製でない物もある)の製品が殆どなので品質には問題はないのでしょうけど、HIDバルブの場合は安価な海外製が市場には多く流通しており、商品によっては粗悪品であろうと思われる物も出回っていますので価格優先で選んでしまうと思ったより耐久性が乏しい商品だったなんてことも。。。
流石に純正HIDであればそんなことはないでしょうけれどね。
光軸検査_2肝心な光量不足の問題については再度、光軸調整をしてロービーム検査ではなく今度はハイビーム検査に切り替えて無事合格。
光軸検査は昨年9月からロービーム検査に変更されているものの、おそらく暫定的な経過措置としてロービーム検査で問題があるときにはハイビーム検査に切り替え対応して貰えるみたいですが、これが全国どこの陸運事務所でも対応可能なのか、又はその陸運事務所間で検査基準にバラツキがあるのかは未確認です・・・(汗)光軸検査_3またしても車検の話しになってしまいましたが、ユーザー車検を考えている方に少しでも参考になればと思います。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る