# BMW 3シリーズ(E46) - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール

# BMW 3シリーズ(E46)

ここで紹介する価格は、中古車販売店と比較する場合、諸経費等が店舗によって違うので
分かりやすくするため、中古車オークションの落札価格(税抜き)を基にしています。
オークションの標準評価点とも言えるのは、車両評価点なら「4.0以上」
内装評価は「Bランク以上」の落札価格を基準に紹介しています。

E46_1Mスポーツパッケージ
2002年(平成14年)にマイナーチェンジを実施した3シリーズ(E46)、ボディタイプはセダン
ワゴンタイプのツーリング、カブリオレそして2ドア版のクーペが存在する。
搭載されるエンジンは基本的に2機種で、318iグレードに2.0L直列4気筒(143ps/105kw)
325iグレードに2.5L直列6気筒(192ps/141kw)
325iに搭載される直列6気筒エンジンは"シルキーシックス"と呼ばれ、
呼称は"絹のように滑らかに"回転することに由来する。
理論値的には直列6気筒エンジンは振動が限りなくゼロに近い
と言われていることからも納得。
E46_2
落札価格が50万円以下で狙える中古車は?
E46後期型は2002年〜2004年(平成14年〜平成16年)までのモデルで選択することができる。
以前は"Mスポーツパッケージ"に人気があり市場価格も高かったが、初年度登録から10年超となった現在ではさほど大きなものではない。
"Mスポーツパッケージ"はエンジンこそノーマルタイプと同様であるが、専用スポイラーと専用アルミホイル、そして車高を少し落としたことでスタイリッシュに見えることから人気を博したモデルである。
BMWはノーマルでも基本的にサスペンションが硬めで知られているが、"Mスポーツパッケージ"は
それより硬く腰痛持ちの方は注意が必要。
E46_3ノーマルモデル
では、50万円以下で購入できるモデルは?
少し乱暴ではあるが、走行距離が2万km台〜(2万km台の車両出品は殆どないですが・・・)
のセダン、ツーリング、そしてクーペのMスポまで選び放題である。
走行距離が6万km以上であれば、オークション代行手数料の諸経費を加算しても50万円以内で
購入できそうな気配。
唯一、50万円以下の個体に該当しないのが"330Ciクーペ"だけである。

E46_4Mスポーツパッケージ
Dセグメントに属するBMW 3シリーズ、同じDセグメントのメルセデス・ベンツCクラスに
V6エンジンを搭載したモデルに乗ると、鼻先が重くオーバースペックだと感じるが、
流石、BMW「理想値50:50」の重量配分に近いためか直列6気筒エンジンを積んでいても
重さの微塵も感じない。
と言うことでお勧めは・・・ボディタイプはさて置き、2.5L、直列6気筒のMスポーツ!
但し、中古車オークション流通量は2.0Lに比べると極端に少ないのが難点。。。
E46が以前から気になっていたユーザーの方であれば、今が市場相場のボトムプライスで
良質車を手に入れる最後のチャンスですので!

■最後に初年度登録から10年以上経過した輸入車ですから、メンテナンス費の確保もお忘れなく

注記:記事掲載時の落札相場
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る