最近のプリウス落札相場ってどうなの? - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール

最近のプリウス落札相場ってどうなの?

4代目プリウスが(W50型)が昨年12月にデビューして早半年、街中で見掛けない日はないくらいだが、それもそのはず販売は実に好調らしい、そのエクステリアは奇抜すぎて賛否両論あるものの、多くの人達が認めればそれがスタンダードとなって行くのは世の常。
プリウスの名を世に知らしめた2代目プリウス(W20型)が新車発売から10年以上を経過することから、下取りに出して新型プリウスを購入するってオーナーの方も多いだろう。
そうなると気になってくるのは2代目プリウスの下取り価格。。。プリウス_1一概にディーラーの下取り価格と言っても、新車値引き価格を下取り価格に転嫁している場合もあるので、その辺りを上手く切り離して考えなくては、純粋な下取り価格を引出すことは難しい。
「新車値引き○○万円を勝ち取った!」なんて思っていたら、中古車流通価格の基準ともなる "中古車オークション落札相場" を調べてみると○○万円も安い下取り価格で売却してしまい、大きく損をしてしまったとか。。。
2代目プリウスは過走行車や事故修復暦車であっても意外と高く落札されているので、下取り価格や買取専門店の買取額に納得いかなければ一度ご相談を下さい。

プリウスの過走行車の中古車オークション落札価格の一例はこちら
プリウス_22007年式(平成19年)トヨタ プリウス S パール 走行距離33.7万km 評価R点/外装E/内装D
中古車オークション落札価格28万円(税込)

車検切れの状態で出品されていて、フロント、リア共に事故等による修復暦があり「評価R点」、内装は喫煙車だったらしくタバコによるコゲ跡まであるので「内装評価D」、新車購入からに7、8年乗ったとしても丁寧に扱う方のクルマであれば「内装評価はB〜C」が多く、それを考えれば然程、大切に扱われてこなかったことは容易に想像が付く。「評価票」を見れば分かるように外装にもキズは多数で、ボディー左側のクォーターピラーには板金跡まであって、決してキレイとは言えないプリウスでもこれくらいの価格で落札されている。

当店で中古車オークションへ出品代行すると、どれくらいの売却額になるのか概算額はこちら
本体落札額:280,000円(税込み)
リサイクル預託金12,010円
自動車税(車検切れと仮定):0円
小計 292,010円

当店の出品代行手数料他:37,800円
出品料(オークション会場に支払う金額):8,000円
成約料(オークション会場に支払う金額):8,000円
陸送費(茨城県内〜USS東京会場):17,820円(税込み)
小計 71,620円

292,010円−71,620円=「220,390円が」お受取になれる金額

例えば東北地方の宮城県〜USS東京会場までのの陸送費は35,640円(税込み)でそれを差引いても20万円以上をお受取になれます。当店の陸送費はこちらからご覧になれます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る