エアコンの不具合・・・と言っても - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール

エアコンの不具合・・・と言っても

気が付けば1年の折り返し地点を通過して7月に突入、月日が経つのは早いものです。
梅雨明けはまだでも日差しは強く気温も30℃超えの日々が続き、体力的に厳しい季節に入ってエアコンなしでは過ごせない時期。
私の小さい頃にやっと普及してきた家庭用のエアコンだけど、今ではどこの家庭でも当然のよう自宅リビングの壁に設置されている。以前を思い出すとこの頃のエアコンは耐久性が高かったように感じる。なぜかと言うと実家の自室で使っていたエアコンなんて、引越しの度に数回の移設を繰り返してもガス漏れはおろか20年近くも故障知らずで。。。
古い機種なので電気代を考えたら最新機種には負けるが、真夏でも見事な仕事をしてくれて室内は常に快適だった。エアコン_13年前に設置したリ自宅ビングのエアコンは、取り付けてから1年半目の夏に冷えなくなり冷媒ガスを充填するも、次の夏にはまたしても冷えなくなって送風状態に。。。
単純にガス漏れ?「いやいや〜 毎年こんなに漏れたのでは尋常ではない!」と製造メーカーのサービスに連絡して原因調査を依頼。
サービスの方も最初は配管のジョイント部分からのガス漏れを疑って調査してたけど結局、エアコン室内機の熱交換器に "ピンホール" が開いてしまい、そこからのガス漏れが原因だったので熱交換器をアッシー交換して無事エアコン機能は回復。
熱交換器と言えばエアコン室内機の大部分を占め同機の心臓部とも言える部位で、クルマで例えるなら車内のダッシュボード奥に設置されている "エバポレーター" にあたる部品です。これが3年で、実際には1年半ほどで "ピンホール" が開いてしまうとは製造過程での不具合なのか、それとも設計段階で商品の軽量化を追求する余り、材質の強度を限界まで落としてしまった結果なのか知る由はありませんが、何れにしても今回の原因にはちょっとだけ腑に落ちないものが。。。
サービスの方に「同じような不具合があるの?」と伺うと、エアコンの10台に1〜2台は同じような不具合が発生しているとのこと。。。
この発生件数って多くないですか!? ただ、最後まで迅速に対応くださったサービスの方には感謝致します。エアコン_2最近のクルマは多くの電子デバイスが導入され重量が増した分、それを相殺するかのごとく燃費向上を狙って軽量化には並々ならぬ努力を注いでいる。軽量化による燃費向上は地球環境を考えるとマイナス的要因は少ないと思うが、軽量化優先によって安全性が置き去りにされるようなことだけはあってはならないと。。。
昨今の相次ぐ自動車メーカーによる「データ不正改ざん問題」を見てもそう感じました。
家電機器も機械である以上、故障や不具合のひとつやふたつやむを得ないと思うけど、安全に関する部位についての不具合だけはクルマを含めて無くして貰いたいものですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る