こんな塗装も剥がれるのね。。。 - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール

こんな塗装も剥がれるのね。。。

暑い季節には冷たい意飲み物を寒い季節には暖かい飲み物を提供してくれ、どこに出掛けるときも一年中常に持ち歩いて喉の渇きを潤してくれている "マイ タンブラー"
ってちょっと大袈裟かも知れないけど、事務所に居るときはマグカップで飲むより冷めたりしないし、外出時は飲み物を求めてコンビニに寄る必要もないので片時も手放せない。
だだ、私の場合タンブラーに入れて持ち歩くのは真夏でも真冬でもホットコーヒーに限られていて、自分で朝食のときその日の1日分(500ml)を一気にドリップしてしまう。
流石に午後を過ぎる時間帯になると保温機能のあるタンブターでも飲み物の温度は多少温くなってくるが、自分で丁寧にドリップしたコーヒーは冷めてしまっても美味しく頂ける。こんな塗装も_1最近では某コンビニの売上げ(売上高ではなく販売数)の一番は、レジカウンター周りに鎮座しているコーヒーマシーンから抽出されるコヒー類だとか。。。
日本人はいつからこんなにもコーヒー好きな国民になったのでしょう。。。

その常に持ち歩いてる "マイ タンブラー" の外面塗装が使用開始から1年程度で気が付かないうちにポロポロと剥がれ落ちてしまっているのです。塗装は何かのきっかけで剥がれ始めるとそこから先はあれよあれよという間に・・・ まるで真夏に日焼けしすぎて皮膚が剥がれて行くように簡単に地肌がむき出しになってしまう。
塗装が剥がれ落ちてもタンブラーの保温機能が低下する訳ではないし、見掛けだけの問題なのでそのまま使用しようと思ったけど、剥がれた塗装片が持ち歩いているバックの中やクルマの中の到るところに付着し汚れてしまってる・・・(汗)
これではってことで、販売・製造元の「サーモス株式会社のお客様相談室」電話してみることに。。。
購入してからの経過日時やタンブラーの状況を一通り説明すると「現品を送ってくだされば原因を調査し対応します」とのこと。
待つこと数日、調査結果と共に代替品が送られて来ました。こんな塗装も_2こんな塗装も_3こんな感じでタンブラーをボトルカバーに入れ丁寧に持ち歩っていても塗装は剥離してしまった(汗)

調査結果は次のようなもの
「部分的に塗装の密着性が劣化していることから、塗装前の洗浄不足が原因と考えられます」と言う調査結果。こちらのサーモス製品は「マレーシア製」の海外生産品であったことから製造の工程管理に問題があったのだろうか?
理由はともあれ、全ての工業製品に不具合はつきもの。。。 問題はその後の対応ではないかと。
今回の「サーモス株式会社」の迅速な企業判断及び対応には感謝です。

話しは変わって、新品の工業製品でなくても塗装の不具合はあったりするもの。
クルマの再塗装が最たるもので、オークション会場で中古車を見ていると明らかに板金不良によって塗装面が荒れていたり、鋼板が波打っている個体に出会う機会がある。
安さや仕上がりの速さを謳う板金店では、そのお店の技術力もさることながら板金の料金によっても違いがある。安く仕上げたいのなら安価なお店を選択することは自由だがもし、板金修理しようと思っているクルマに長くキレイに乗っていたいのなら、板金直後はキレイに仕上がって見えても経年によって板金の良し悪しは歴然として来るので、価格を優先するか仕上がりを優先するかを検討する必要がありますので。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る