#メルセデス・ベンツ CLS(初代) - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール

#メルセデス・ベンツ CLS(初代)

8月25日、USS東京会場の出品台数は「約15,000台」
オークション会場の夏期休業が終わって初めての開催で出品台数は概ね通常通りに戻った感じですが、これぞと思うクルマに入札してみるも僅差でセリ負けてしまったり、まったく持って足元にも及ばないような落札価格まで上昇したりと今回の中古車オークションは波乱状態。。。(汗)

こんな日もあるよな〜と気を取り直し、以前のブログで "メルセデス・ベンツ CLS" のトラブルらしき場面に遭遇した話しを書いたけどその後CLSのオークション相場がずっと気になっていたので、今回はこちらのブログでご紹介です。。。なんか無理矢理な感じですね。CLS_1CLS_4写真下側 "BMW X6" で後部座席の居住性は別として、このアングルが一番スタイリッシュ
最近のクルマはカテゴライズすることがとても難しくなっていると感じられる。
例えば、SUVなのにハッチバックスタイルを纏った "BMW X6" ボディーの上半分だけを切り取ったらクーペスタイルのクルマにしか見えないし、日本を代表するハイブリット車の "トヨタ プリウス" だってセダンにカテゴライズされているものの、そのディテールを注視すると5ドアハッチバックと捉えることもできる。CLS_2こちらの "メルセデス・ベンツ CLS" もそんなクルマのなかの一台。
4ドアセダンにカテゴリーされるが、見た目のスタイリングは "4ドアクーペ"
4ドアなのにクーペとは何とももどかしさを覚えるが、スラントしたルーフラインがそのままトランクエンドまで続くスタイルは正しくクーペそのものとも言える。
ベースとなっているのはメルセデス・ベンツのEクラス(W211)となっていることから、その辺りの作り込みの高さは折り紙つきだし、同社の他車種と比べると押し出し感の強さより、スタイリッシュで軽快と言う言葉がぴったりとする。インテリアに目を移すとドイツ車のようにキッチリ造形されたという印象より、どことなく往年のジャガーに近い雰囲気を感じ取れる。
CLSは意外と左ハンドルの流通量が多く、左ハンドル好きには多くの個体から選びやすい環境であることも嬉しい。CLS_3
中古車オークションの落札相場を一部だけ掲載(税抜き価格)
2007年(平成19年式)350 ホワイト(650) RH 走行距離5.9万km 落札価格120万円弱「評価点4.5」
2005年(平成17年式)350 ワイン(544) LH 走行距離3.7万km 落札価格95万円弱「評価点4.5」


後期型だと
2010年(平成20年式)550 AMG/SP パールホワイト(799) RH 走行距離8.4万km 落札価格135万円弱「評価点4.5」
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る