#ルノー カングー(初代) - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール

#ルノー カングー(初代)

今回もお客様からリクエストのあった車両の市場相場を掲載します。
カングー2002年(平成14年)ルノージャポンから日本デビューした初代"ルノー カングー"
5ナンバー規格に納まる全長4,035mm×全幅1,675mm×全高1,810mmと高さを除いてはコンパクトとも言えるルノー カングーではあるが、最近のフランス車にはない全てを許容してくれそうな"やわらかなたたずまい"と個性的な外観のハイトワゴンである。
高さが1,800mm以上あることで、想像を超えるユーティリティ性能を兼ね備えているのは紛れもない事実。その高さの恩恵を存分に味わうには、カーゴスペースに"これでもか"と言うくらいキャンプ道具を無造作に満載して郊外を目指してみるのもカングーの健全な使い方ではないだろうか・・・カングー_2用意されるエンジンは"直列4気筒DOHC 1.6L(95ps/70kw)"1機種のみ、エンジンスペックから分かるように高速道路を飛ばして目的地に短時間で移動することを得意とするようなクルマではなく、その移動さえも"ゆったり"とした時間に変えてくれるような"良き相棒的存在"で、普段使いでは低速トルクがあり過不足感はない。
内装はいたってシンプル!悪く言えば質素そのものであるが、荷物をガンガン積んでトランスポーターのように使用するなら気兼ねなどする必要ないのでこれで十分。
トランスミッションは5速マニュアルと4速ATを選択できるが駆動方式はFFに限定されてしまう。巨大なリア開口部は、ハッチバックドアタイプと観音開きのダブルバックドアタイプの2タイプが設定されており、ダブルバックドアタイプは左右非対称としていて狭い場所での開閉、荷物の出し入れが一段と容易。リアサイドドアは、両側が大きく開くスライドドアとなっており乗降がスムーズに行なえる。カングー_3落札価格が50万円以下で狙える中古車は?
2002年式(平成14年)〜2004年式(平成16年)の初期モデルの中古車オークション出品量は少なく、市場の中心は2005年式(平成17年)以降のモデルとなる。

やはりカングーもホワイトのボディーカラーが人気で、2006年式(平成18)、走行距離8万キロ台で落札価格が50万円前後である。2008年式(平成20年)走行距離は8万km台、ボディカラーはイエロー、4ATのダブルバックドアだと、落札価格が30万円弱なんて固体もあるので、これだと諸経費含めて50万円程度で購入できてしまう。不人気色はレッドで落札相場は10万円程度安目の傾向で、全体的に5速マニュアルの出品量はかなり少ない。
個人的に購入するなら、ボディーカラーは少し変わったコスミック・グレーかな・・・?
カングー_4写真は正規輸入されていないカングー 4×4
こちらで紹介する価格は、中古車販売店と比較する場合、諸経費等が店舗によって違うのでどの程度お得に購入できるか分かりやすくするため中古車オークションの落札価格(税抜き)を基にしています。
オークションの標準評価点とも言えるのは、車両評価点なら「4.0以上」、内装評価は「Bランク以上」の落札価格を基準に紹介しています。


注記:記事掲載時の落札相場
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る