2015年08月18日 - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール
千波湖
当店の所在地は、ご存知の方も居られるかもしれませんが"日本三名園"の一つに数えられている"偕楽園"に程近い場所にあります。
その偕楽園の南東側真下に千波湖と言う外周3kmほどの湖があって、たまにジョギングするのですが今日の夕方時間があったもので久しぶりに走って来ました。
残暑を乗り切るには体力を維持しなければなりません!でも、走ったのは千波湖一周の3kmだけ・・・
それでも今日の茨城県水戸市の最高気温は30℃、夕方でも28℃前後の気温があったのではないでしょうか?
走り終わったころには全身汗まみれで、発汗することによって解毒されたような爽快感。
偕楽園から偕楽園から千波湖を望む景色
因みに当店の住所は"茨城県水戸市千波町"でいかに千波湖が近いかってことで、この好立地を活用しない理由はないので、週に2〜3回程度は走りたいものですね!


ここで紹介する価格は、中古車販売店と比較する場合、諸経費等が店舗によって違うので
分かりやすくするため、中古車オークションの落札価格(税抜き)を基にしています。
オークションの標準評価点とも言えるのは、車両評価点なら「4.0以上」
内装評価は「Bランク以上」の落札価格を基準に紹介しています。
VW ヴァリアント12007年モデル
2007年(平成19年)にデビューしたゴルフのワゴンバージョン、このモデルより
ワゴンタイプはドイツ本国と同様に"ヴァリアント"の名称で呼ばれるようになる。
初期モデルのフロントグリルは"ワッペングリル"と呼ばれクロームメッキが多用され
インパクトのある外観であるものの賛否あるデザインであったため2009年(平成21年)
のMCで意匠変更されている。
エンジンは2機種で、ダウンサイジングの1.4L直列4気筒ツインチャージャー(170ps/125kw)
2.0L直列4気筒ターボ(200ps/147kw)
新車時の本体価格差は2.0Lが1.4Lより40万円程度高かったためか、
オークション市場での流通量も「6:4」の割合で1.4Lが多い。

VW ヴァリアント2
落札価格が50万円以下で狙える中古車は?
2009〜2007年(平成21〜19年)の排気量2.0Lモデル、走行距離が7万km〜8万kmの
ボディカラーはブラック、ホワイト、
排気量1.4Lモデルでは同じ50万円以下であれば4万km〜5万kmの中古車が狙えることから
人気は2.0Lモデルに軍配が上がる。
MC後2010年〜(平成22年〜)であれば走行距離が8万km〜となるが、
年式が新しいためか多走行車の流通量は決して多くなく、5万km以下の個体が目立ち
落札価格は80万円〜との状況である。

VW ヴァリアント32010モデル
共有プラットフォームを使用しているVWとアウディであるがコンセプトは異なり、
最近のアウディが"アバンギャルド"で艶やかさがあるのに対して、
現在でもフォルクスワーゲンは"質実剛健"でコンサバティブな
側面を持ち合わせていて、ドイツ人の造る生真面目な工業製品との印象を
受けるためか日本での支持率は高い。
"私が最初に触れた輸入車も、このフォルクスワーゲンブランドでした"

注記:記事掲載時の落札相場


このページの先頭に戻る