2015年08月29日 - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール
3代目にあたる"CR-V"が初年度登録から5年を経過し、2回目の車検を迎えた平成20・21・22年式の中古車オークション落札相場をお伝えしていきます。
中古車オークションの出品台数は4WD、FFともさほど変わらず「55:45」と言ったところで、新車時の車両本体価格が10万円程度(グレードにより)高かった4WDであるが落札相場に大きな違いはない。CR-V_14WD(型式 RE-4)駆動方式の落札相場(消費税込)から!
2010年式(平成22年)「評価点R」つまり"修復歴車"で右前後ドア交換、右フェンダー交換及び"センターピラーが板金修理"されていることから右側面を他車両によって事故接触されてしまったことが容易に想像できる。
「内装評価Cランク」、ボディカラーは希少色のブルーグリーン(BG55P)、走行距離は14万km以上も走行しているが落札価格(消費税込)120万円以上!外装キズはA1〜A2、B1が多数あり、もちろん走行距離を重ねることでできてしまった"シートのヘタリ"や"ハンドルのスレ"も記載されている。CR-V_2少しだけ人気のなくなるボディカラーのガンメタ(NH711M)・・・ 平成20年式、「評価点4.0」、「内装評価Cランク」、走行距離/年を1万kmと仮定すると、やや多目の走行距離7.7万kmの車両で落札価格(消費税込)が130万円弱となることから、同じような個体である下記、FF駆動方式と比較しても駆動方式によって落札相場の大きな差異はない。

つづいてFF(型式 RE-3)駆動方式の落札相場(消費税込)!
2010年式(平成22年)、「評価点4.0」、「内装評価Cランク」、ボディカラーブラック(NH731P)、走行距離は14万km以上も走行しているが落札価格(消費税込)140万円以上!
外装キズはA1〜A2が10箇所程度あり、走行距離も14万km以上であるから"シートのヘタリ、シート小切れ"や"ハンドルのスレ"も検査員が記載内容に記述している。荷室にキズありの記載もあり「内装評価Cランク」との評価からもさほどキレイな個体ではなさそうな感じはする・・・CR-V_32010年式(平成22年)、「評価点3.5」、「内装評価Cランク」、ボディカラーブラック(NH731P)、走行距離に17万kmに手が届きそうな車両でも落札価格(消費税込)125万円以上!
この車両は大きな外装キズこそないもののA1〜A2キズが10箇所程度あり、"シートのヘタリ"や"ハンドルのスレ"、中古車オークションでは検査員がクレーム回避のため、積極的に喫煙車との記載はしないが"フロアカーペットに焦げあり"の記載から、喫煙車であった可能性が高い。
CR-V_4ボディカラーガンメタ(NH711M)・・・ 平成20年式、「評価点4.0」、「内装評価Cランク」、走行距離/年を1万kmと捉えると、平均的な走行距離6.3万kmの車両で落札価格(消費税込)が130万円以上となる。

注記:記事掲載時の落札相場

このページの先頭に戻る