2015年09月 - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール
こちらで紹介する価格は中古車オークションの落札価格(税抜き)を基にしています。
オークションの標準評価点とも言えるのは、車両評価点なら「4.0以上」、内装評価は「Bランク以上」の落札価格を基準に紹介しています。A4_1Sラインパッケージ/海外仕様
2008年(平成20年)にフルモデルチェンジされた現行"アウディ A4"
アウディのミドルレンジを担い競合各社がひしめくDセグメントに位置するだけあって完成度は高く、エクステリアはロングホイールベース&ショートオーバーハングのデザインやドアモールを廃止することによってスポーティさを感じさせながら、新世代の台形シングルフレームを採用したことで艶やかさまで纏っている。A4_2内装/海外仕様
中期モデルに搭載されるエンジンは基本2機種で、1.8L 直列4気筒ターボ(160ps/118kw)、2.0L 直列4気筒ターボ(180ps/132kw)、それとクワトロモデルにはチューニング違いで最高出力の高い2.0Lの直列4気筒ターボ(211ps/155kw)となっている。トランスミッションはFFモデルに"CVT"、クワトロモデルに"7速AT"となっておりマニュアルミッションの設定はない。
A4_3落札価格が200万円以下で狙える中古車は?
まずはワゴンモデルのアバントから

2011年(平成23年式)2.0 TFSI アバント 走行距離が4.5万km ボディカラーシルバーで落札価格170万円、こちらは「評価点4.5」
2010年(平成22年式)1.8 TFSI アバント 走行距離が4.5万km ボディカラーホワイトで落札価格160万円、こちらも「評価点4.5」
2009年(平成21年式)1.8 TFSI アバント 走行距離が6.0万km ボディカラーホワイトで落札価格125万円、「評価点4.0」
2009年(平成21年式)2.0 TFSI アバント クワトロSライン 走行距離が4.8万km ボディカラーホワイトで落札価格210万円、「評価点4.5」と"クワトロモデル"になると新車価格が600万円近かったためか"FFモデル"に比べると流通量は少なめである。
A4_4そしてセダンモデル
2010年(平成22年式)1.8 TFSI 走行距離が4.5万km ボディカラーホワイトで落札価格150万円
2009年(平成21年式)1.8 TFSI 走行距離が3.1万km ボディカラーシルバーで落札価格120万円「評価点4.5」
2009年(平成21年式)1.8 TFSI 走行距離が4.2万km ボディカラーブラックで落札価格140万円「評価点4.5」
やはり人気カラーはブラックとホワイトでシルバーはやや安め傾向となっている。新車登録から4〜5年のモデルが上記価格で購入できるとはなんとも魅力的だと思うのだが・・・ MC後の後期モデルはまだ高値を付けているが走行距離やボディカラーを限定すれば200万円以内で購入できるモデルもある。
A4_5アウディA4のおススメモデルは?
通常使い中心なら"FFモデル 2.0TFSI"か"1.8TFSI"のSラインパッケージ!
Sラインパッケージはノーマルモデルに対して車高を下げたスポーツサスペンション、5本スポークアルミホイールとSライン専用のフロント、リア、サイドスポイラーによってアダルトなスポティーさを演出している。新車価格はノーマルモデルとSラインパッケージは48万円ほど価格差があったが、オークション価格ではそこまで価格差が大きくないのでお買い得感も強い。

注記:記事掲載時の落札相場


2002年(平成14年)にフルモデルチェンジした先代の"フォルクス ワーゲン ポロ"
前期型は愛嬌のある丸目ヘッドライトが特徴的で可愛らしさを前面に押し出した感が強かったが、
今回、取上げるのは2005年(平成17年)にフェイスリフトで異形ヘッドライトを与えられた後期型、それも3年ぶりに追加投入されたグレード"GTI"である。車両重量1,180kgに対して搭載エンジンは1.8L 直列4気筒DOHCターボ、150psに5速マニュアルミッションのみの設定で、フォルクス ワーゲンの本気度が伺える。ポロGTI_1"マニュアルミッション"少し前なら設定されている車種は数えるほどであったが、現在では"トヨタ86" "スバルBRZ"を始め設定車種が僅かではあるが増加傾向にある。ATが6速、7速となり燃費向上している時代に何故、マニュアルミッションを好んで選択しなければならないのか疑問を持つのも当然だと思うが、マニュアルミッションはクルマを操っている感がとても強く、なれないと下手と上手の違いがハッキリと分かるし、その日の体調や気分によってもシフトチェンジの違いが顕著に現れてしまう乗り物であるからこそ自分の意のままに操ってみたいと思い描くのではないだろうか・・・ポロGTI_2落札価格が50万円以下で狙える中古車は?
2006年式(平成18年)GTI MT5速 ボディカラーレッド 走行距離5.8万kmで落札価格が40万円弱
2006年式(平成18年)GTI MT5速 ボディカラーレッド 走行距離7.9万kmで落札価格が30万円強
2006年式(平成18年)GTI MT5速 ボディカラーブラック 走行距離5.3万kmで落札価格が50万円強
2007年式(平成19年)GTI MT5速 ボディカラーホワイト 走行距離7.6万kmで落札価格が40万円弱

ボディーカラーによる落札価格の違いはさほど大きいものではない。中古車オークションの出品台数はブラック/レッド/その他でそれぞれ4:3:3という感じでブラックカラーが少し多い。ブルーのイルミネーションは夜間になると異彩を放ち心高鳴る!ポロGTI_3 輸入車のマニュアルミッションに乗ってみたいとお考えでしたら、入門用として最適な"ポロGTIの3ペダルクラッチ"から挑戦してみてはいかがでしょうか。

注記:記事掲載時の落札相場


2015年09月27日 [中古車オークション]
今回の茨城県常総市を襲った鬼怒川堤防決壊によって災害にあわれた
すべての方にお見舞いを申し上げます。
当店の所在地は常総市と同じ茨城県内であっても距離にして70kmも離れており、幸いにも直接的な被害を被ることはありませんでしたが、それでも同県と言うこともあって知り合いには常総市を含む近隣の市町村に住まわれている方も沢山いますし、仕事を休まれて親戚宅の後片付けに行ってきたとの話しも伺いました。

そんななかご家族が近隣の下妻市に住んでいて、住居こそ浸水被害にこそ遭わなかったものの新車登録から6ヶ月の自家用車をフロア上まで浸水させてしまったとの話をお聞きしました。エンジンは辛うじて掛かったのでディラーに入庫し内装をすべて剥がして洗浄及び乾燥しなければならなく、ディラーサイドから今は良くても数年後には不具合が出る可能性があると言われたそうです。
クルマのハーネス(コード類)はすべてフロア内、つまり床上に配置されており一度冠水した車輌のハーネスはどんなに乾燥させても数年後には腐食によって不具合を誘発する可能性が高まりますし、ハーネスを交換しても冠水車のリスクは残ります。
茨城県でなくてもこの時期の日本は、台風等の集中的豪雨によって局地的に降水量が増加し車輌の冠水被害が多くなります。そうなると廃車若しくは修理と言うことになるのですが、廃車(一時抹消)となった車輌は中古車オークションにも出品されていて格安で落札され再販されます。ヤフオク等で高年式しかも走行距離の少ない中古車が市場相場より格安で出品されていたら"何か裏があるな"と先ずは疑ってみてください。世の中そうそううまい話はありませんので・・・

先週の中古車オークションに出品されていた冠水車、外装はとてもキレイですが・・・?
このような個体は再販されやすいのです!冠水車_1下記は画像車輌の出品票、冠水車と記載されていますね冠水車_2


このページの先頭に戻る