2015年09月20日 - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール
2015年09月20日 [メンテナンス(DIY)]
妻が日々の移動用として使用している "CR-V(型式RD-1)" 初年度登録は平成11年、結婚直前に新車で購入し一緒に嫁いで来たわけだが、早いもので16年の年月で走行距離は11万kmを超えている。流石に車齢16歳ともなると様々なマイナートラブルが発生するのは国産車も同じこと。今回はラジエターアッパーホースにピンホールが開いてしまいそこからクーラントが漏れ出していた。
トラブル_1もちろん妻が気付くはずもなく、私がクルマの近くを通ったときなんとなくクーラントの臭いがしたので気付いた次第である。「女性になんで気付かなかったの?」なんて野暮なことを聞いてはいけません!それは家庭不和の始まりを誘発するだけですから・・・
トラブル_2とりあえず部品発注が間に合わないので応急処置ってことで!?ビニールテープを巻いてみました(汗)それにしても素人修理ですね。。。こんなことしても内圧が掛かっているので漏れを止めることなどできませんし接着剤でも効果のほどは・・・トラブル_3ネット検索してもこの年式になると社外品のアッパーホースはヒットしません。仕方ないので純正部品を発注し後日改めて修理しましょう。大きなトラブルに発展しないよう遠乗りは厳禁として、こまめにクーラント量をチェックしながら様子見です!
※参考までにラジエターホースはアッパー側(上部側)とロア側(下部側)の2本あってエンジンルーム内の同じような位置に取り付けられているため、熱害による劣化速度は同じと考えるべきです。つまりアッパー側がダメならロア側も確認若しくは同時に交換することをお勧め致します。テールランプの片側が切れるともう一方もすぐに切れてしまうのと同じようなもの。

次回につづく


このページの先頭に戻る