2015年09月23日 - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール
2003年にフルモデルチェンジした2代目セダン"レガシーB4"
初代レガシーは5ナンバーボディでその取り廻しの良さに定評があったが、他社の同クラスが次々に3ナンバーボディに拡大されたのと同時期にレガシーも時代の流れなのか全幅が1,695mmを超え3ナンバーサイズとなる。
スバルと言えば水平対向エンジンが真っ先に思い浮かぶが、搭載エンジンはマニュアルミッションにあっては自主規制上限の280ps、DOHC4気筒ターボ、前期モデルでは5速マニュアルと5速ATトランスミッションが用意されていたが、後期モデルでは6速マニュアルに変更されておりATは5速と変わりはない。
私の"乗りたい(欲しい)クルマリスト"にはこのスバル水平対向エンジン搭載車が記載されていてるが、レガシーは勿論のこと"アルシオーネSVX"もリストにあったりする(笑)
B4_1前期型2003年(平成15年〜)落札相場
2004年式(平成16年)GTスペックB、5速マニュアル「評価点4.0」「内装評価Cランク」ボディカラーパール(36J)走行距離は8万km弱で落札価格(消費税込)50万円を少し超える。検査員記入内容では「ACの効きが悪い、エンジン異音」との記載がありけして調子の良い個体ではなさそうである。

2003年式(平成15年)GTスペックB、5AT「評価点R」「内装評価Bランク」ボディカラーホワイト(38D)走行距離は11万km弱で落札価格(消費税込)25万円弱。"評価点R"であることから事故修復歴車であってもこれくらいの落札価格である。ちなみに修復内容は右フロント側の"インパネ、コアサポート"を板金修理。
B4_2後期型2006年(平成18年〜)落札相場
2008年式(平成20年)GTスペックB、6AT「評価点4.0」「内装評価Bランク」ボディカラーホワイト(37J)走行距離は4万km弱で落札価格(消費税込)130万円弱。

2008年式(平成20年)GTスペックB、6速マニュアル「評価点R」「内装評価Bランク」ボディカラーブラック(32J)走行距離は16万km弱で落札価格(消費税込)55万円弱。修復内容はトランクフロア、エンドパネル板金補修とのことである。

2006年式(平成18年)GTスペックB、6速マニュアル「評価点R」「内装評価Aランク」ボディカラーブルーM(64Z)走行距離は4万km弱で、落札価格(消費税込)100万円を超える。修復内容はトランクフロア、エンドパネル交換となっていることから上記車両より衝撃の大きかった事故内容だったことが推測できる。
B4_3人気の中心は前期、後期型ともに"マニュアルミッション搭載車"であることが分かると思うが、B4はオークション出品車両で見ると修復歴車の割合が高いのではないかと思う。つまり中古車市場全体でも修復歴車が多く流通していると言うことなるので購入される方は注意が必要ですし、売却をお考えの方は修復歴があっても高く売れる可能性がありますので!

注記:記事掲載時の落札相場


このページの先頭に戻る