2016年04月30日 - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール
ゴールデンウィーク初日、仕事に関してメールのやり取りが少しあるもののオークション会場も連休に突入してしまっているところが多く、のんびりとした一日のスタート。
で、時間があるので何となく相場検索していると、お買得な相場形成している中古車を見つけました。

外国メーカーに限定した輸入新規登録台数第1位は、昨年のフォルクスワーゲンに換わってメルセデス・ベンツ、それ以下はお馴染みのブランドであるBMW〜アウディと続く。。。
そんな中で第10位にランクされるのは "プジョー" ブランド、名前も浸透していて知名度も高いのに中古車となると割安感が高いのは単にブランド力が弱いだけなのかも知れませんね。
ブランド力の強さを販売店舗数だけで単純比較することはできませんが、メルセデス・ベンツの販売拠点は210店舗、対するプジョーはメルセデス・ベンツの1/3にあたる75店舗ほどで、正規ディーラーの存在しない都道府県まであったりと。。。308_1人気のない車種が決して完成度の低いクルマでないことは周知の事実ってことで、お買い得感の高いプジョーブランド、その中でも "308" の相場情報。
特にお買い得感が高いのはMC前のモデルで、2010年(平成22年)でトランスミッションがAT6速に変更される前のAT4速モデル、燃費性能で言えばAT6速の方が断然有利だろうが、ストップ&ゴーの多い日本の道路事情を考えると、その恩恵に与れるのは高速道路中心であることから、日常使いが多いならAT6速より信頼性が高くシステム構造の複雑でないAT4速の方がより安心ではないだろうか。308_2同じ欧州車であるドイツ車とは一線を画すフランス車、最近ではプジョーのエクステリアデザインこそグローバル化して独特なデザイン性が薄められた感があるが、肩肘張らずに乗れちょっとだけゆる〜い感じで、まだ "フランス車らしさ" が残る内の1台がこの "プジョー 308" ではないのかと。。。

中古車オークションの落札相場
2008年式(平成20年)308SW プレミアム レッド 走行距離3.5万km 落札価格50万円弱「評価点4.0」
2007年式(平成19年)308 VOYAGE ターボ ホワイト 走行距離6.1万km 落札価格40万円弱「評価点4.5」
2006年式(平成18年)308SW プレミアム シルバー 走行距離5.1万km 落札価格30万円強「評価点4.0」



このページの先頭に戻る