輸入車の魅力・・・ - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール

輸入車の魅力・・・

私が扱う市場相場情報等に輸入車が多いのは紛れもなく輸入車が好きだからに他ならない。
しかし、改めて"輸入車の魅力は?"と問われると・・・答えに苦慮してしまう。国産車にも魅力的なクルマが沢山あることが分かっていても、やぱっり"輸入車が好だから"との答えに辿り着く。
これじゃ答えになってないけど・・・(笑)
輸入車_1思い当たる理由を記述してみると。。。
輸入車を通して海外の異文化に触れることができるから・・・ そこまで考えて乗っている人は逆に稀じゃないかな?
輸入車はデザインコンセプトが国産車とは違うからとか・・・ でも先代BMW3シリーズ(E90)のエクステリアデザインは日本人の”永島譲二氏”だったりする。
ステイタス性が・・・なんて理由付けしてみても、今でこそ輸入車は決して特別なものではなく新車登録台数の10%前後、つまり10台に1台が輸入車と言う事実を突きつけられれば、所有すること自体にステイタス性があるからとの理由も影が薄くなっていく。
結局、後付で理由を考えてもどれひとつとしてシックリこない。
輸入車_2あまり意識することの少ない輸入車の魅力について、もう一度私なりに考え明文化するならば、単に趣味性の高さや価値観の相違なんて言葉に終始するのではなく、その輸入車を介して見えてくる"バックグラウンド"ではないかと思う。
ありきたりかも知れないがドイツ車であれば"アウトバーン"を疾走する自分の姿を所有する輸入車に投影したり、休日には愛車をガレージで一心不乱にメンテナンスする自分の姿だったり・・・
アメリカ車であれば広大な敷地の片隅に愛車を停めておき、中庭では家族そろってバーベキューをしながらビール片手に愛車の美しさに酔いしれる姿だったり。
北欧車であれば短い夏を楽しむため、愛車のラゲッジルームいっぱいに詰め込んだ道具や食材とともに家族で郊外の湖までピクニックへ向かう自分だったりと・・・
輸入車_3輸入車_4やっぱり理由などどうでもいいではないか・・・ "だって輸入車が好きだから"
#輸入車好きおやじのボヤキだと思って読んでください(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る