#アウディ TT ロードスター&クーペ(初代) - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール

#アウディ TT ロードスター&クーペ(初代)

アウディ社内では初代TTから順にTT1、TT2、TT3と呼んでいるそうで、TT3が発表となったばかりであるが、今回取上げるのは初代モデルの"TT1"である。1995年ドイツ本国で発表された初代"アウディ TT"日本発売時期は1999年(平成11年)〜2006年(平成18年)までになる。アウディ TTの名称はイギリス・マン島で開催される「ツーリスト・トロフィー」の頭文字に由来する。
TT_1デザイン手法は曲線(円形)をモチーフとしたサークルラインを基調としていて、他の何にも似てない斬新且つ機能的デザインではあるが好みの分かれるところでもある。
まだシングルフレームこそ採用されていないものの現在のアウディデザインの先駆けになったモデルと言っても過言ではなく、初期モデルなら発売から15年以上経過するが、その佇まいは今も色褪せることはない。
この世界で"名車"と呼ばれるモデルの多くは動力性能に秀でていたり、生産台数が少なく希少性のあるモデルに限定されてしまうことが多いがデザインに特化して言うなら"アウディ TT1"は間違いなく、この先10年、15年で"名車"の仲間入りをするであろう・・・!?
発売からの年月が長いためコンディションの良い個体が減少してきている。もし"TT1"が気になるのならフルノーマルの車両を手に入れコツコツと手塩に掛けて整備しながら、未来の名車となる日を夢見て所有してみてはいかがか?
TT_2通称グローブレザーシート! ステッチがグローブのようでしょ?

落札価格が50万円以下で狙える中古車は?

2001年式(平成13年)1.8ロードスタークワトロ、MT6速、左ハンドルでボディカラーがシルバー(LY7W)走行距離7.7万kmで落札価格が50万円以下。
2004年式(平成16年)1.8T、AT、右ハンドルでボディカラーがレッド(LY3J)走行距離5.6万kmで落札価格が40万円以下。
2004年式(平成16年)3.2クワトロ Sラインとなると、AT、右ハンドルでボディカラーがイエロー、走行距離5.4万kmで落札価格が90万円を少し超えるくらいになってしまう。
中古車オークションの出品台数は圧倒的にボディカラーのシルバー(LY7W)が多く全体の70%を占めるマニュアルミッションを狙っているなら2003年式(平成15年)までにしか設定がなく出品量は少ないので焦らずゆっくりと探すことも必要。
TT_33.2 クワトロSラインだけに設定されているイエロー色

良質な中古車と出会う"コツ"は車種を限定することなく"欲しい(乗りたい)中古車リスト"を常に持っておくことだと思う。こうしておけば偶々通り掛かった道路沿いで、個人的に売出している格安で良質な個体が目に留まり手に入れることだってできるし、偶々、よく知るご近所さんからこのクルマ買わない?なんて話が舞い込んできてもフレキシブルに対応できるのではないか。
友人の話しだが、ご近所さんから"メルセデス・ベンツ(W123)"5世代前のミディアムクラスと呼ばれていた時代のセダンを「30万円くらいで買わないか?」と言われて、その当時メルセデス・ベンツ(W123)がどんなクルマかも分かってなかった友人は何も考えず断ってしまったそうな・・・ 友人と飲んだときその話しが出たりするが"W123なら"欲しかったといまだに悔しがっている。
もし、この友人が普段からクルマについて調べて"欲しい(乗りたい)中古車リスト"を作成していたならこんな結果にはならなかっただろう!
中古車との出会いは突然やってくる!まるで恋愛みたいだが・・・(笑)
因みに私の"欲しい(乗りたい)中古車リスト"には「アウディ TT1」が記されている。
TT_4大きな声では言えないが私の好きな変色!? Color Number LZ7J (DOLOMITE GRAY PEARL EFFECT)
TT_5中古車市場で一番多いのはシルバー Color Number LY7W (Silver Lake M)
注記:記事掲載時の落札相場
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る