遅ればせながらお見舞い申し上げます。 - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール
2015年09月27日 [中古車オークション]

遅ればせながらお見舞い申し上げます。

今回の茨城県常総市を襲った鬼怒川堤防決壊によって災害にあわれた
すべての方にお見舞いを申し上げます。
当店の所在地は常総市と同じ茨城県内であっても距離にして70kmも離れており、幸いにも直接的な被害を被ることはありませんでしたが、それでも同県と言うこともあって知り合いには常総市を含む近隣の市町村に住まわれている方も沢山いますし、仕事を休まれて親戚宅の後片付けに行ってきたとの話しも伺いました。

そんななかご家族が近隣の下妻市に住んでいて、住居こそ浸水被害にこそ遭わなかったものの新車登録から6ヶ月の自家用車をフロア上まで浸水させてしまったとの話をお聞きしました。エンジンは辛うじて掛かったのでディラーに入庫し内装をすべて剥がして洗浄及び乾燥しなければならなく、ディラーサイドから今は良くても数年後には不具合が出る可能性があると言われたそうです。
クルマのハーネス(コード類)はすべてフロア内、つまり床上に配置されており一度冠水した車輌のハーネスはどんなに乾燥させても数年後には腐食によって不具合を誘発する可能性が高まりますし、ハーネスを交換しても冠水車のリスクは残ります。
茨城県でなくてもこの時期の日本は、台風等の集中的豪雨によって局地的に降水量が増加し車輌の冠水被害が多くなります。そうなると廃車若しくは修理と言うことになるのですが、廃車(一時抹消)となった車輌は中古車オークションにも出品されていて格安で落札され再販されます。ヤフオク等で高年式しかも走行距離の少ない中古車が市場相場より格安で出品されていたら"何か裏があるな"と先ずは疑ってみてください。世の中そうそううまい話はありませんので・・・

先週の中古車オークションに出品されていた冠水車、外装はとてもキレイですが・・・?
このような個体は再販されやすいのです!冠水車_1下記は画像車輌の出品票、冠水車と記載されていますね冠水車_2
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る