#フォルクスワーゲン トゥアレグ(初代) - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール

#フォルクスワーゲン トゥアレグ(初代)

2003年(平成15年9月)に日本上陸を果たした初代"トゥアレグ"
世界のSUV市場が拡大する中、フォルクスワーゲンが満を持して投入したフラッグシップSUVがこの"トゥアレグ"である。
トゥアレグ_12008年(平成20年)からはこちらの異形ヘッドライト&ワッペングリルにフェイスリフト
トゥアレグ_62007年(平成19年)まではこちらのフロントフェイスになる
トゥアレグは"ポルシェ カイエン"と共同開発されパワートレーンはフォルクスワーゲンが担当し、シャーシーは長い歴史に裏付けされた技術でポルシェが担当することになった。エクステリアは各社のブランドイメージを上手く表現しながらも個性のあるものに仕上がっているのではないだろうか。
ボディサイズは全長4,755×全幅1,930×全高1,730と誰しも手軽に扱えるサイズではないが、街中や郊外においてその存在感で他を圧倒するのではなく、大きなSUVに乗っているからこそ大人の余裕を持って気遣いの走りを心掛けたいものである。
トゥアレグに搭載されるエンジンはグレードにもなっているV6 3.2L(241ps)V8 4.2L(310ps)それと途中でカタログからドロップしてしまったW12 6.0L(450ps)がある。 トランスミッションはいずれもティプトロニック6速ATと組み合わされ、駆動方式は全車4DWシステムでフォルクスワーゲンの新開発である4XMOTIONが搭載される。初期モデルではV6モデルにエアサスペンションの設定はなかったが、中期モデル以降ではV6モデルも選択できるようになった。
トゥアレグ_2おススメモデルは・・・エアサスペンション装着車のほうが乗り心地云々との意見もあるだろうが、中古車との観点から将来的に維持修理費に悩まされない"エアサスペンション非装着車"の"V6モデル V8モデル"ではないだろうか?中期モデル以降では"V8モデル"はすべてエアサスペンションが装着されているので必然的に"V6モデル"に限定されてしまう。トゥアレグ_3落札価格が200万円以下で狙える中古車は?
2009年(平成21年式)V6 ノーマルサス 走行距離が4.5万km ボディカラーブラックで落札価格195万円「評価点4.5」
2010年(平成22年式)V6 ノーマルサス 走行距離が4.5万km ボディカラーホワイト(LR9A)で落札価格208万円とわずかに200万円を超える「評価点4.5」
2007年(平成19年式)V6 ノーマルサス 走行距離が2.4万km ボディカラーホワイト(LR9A)で落札価格190万円「評価点4.0」
2007年(平成19年式)V6 ノーマルサス シュトルツ 走行距離が6.3万km ボディカラーブラック(LC9Z)で落札価格150万円「評価点4.0」
低年式モデルだと2004年(平成16年式)V6 ノーマルサス 走行距離が7.0万km ボディカラーブルー(LD5Q)で落札価格80万円「評価点4.0」と新車価格500万円オーバーの車輌であっても値落ちは大きい。

トゥアレグ_4参考までに2005年(平成17年式)W12 左ハンドル、走行距離が8.2万km ボディカラーブルーで落札価格170万円「評価点4.0」と"W12モデル"の出品車輌は極端に少なくなる。
トゥアレグ_5写真上は"W12モデル"でオーバーフェンダーを装着しワイド感が強調される
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る