車齢16歳 トラブル発生!その2 - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール
2015年11月24日 [メンテナンス(DIY)]

車齢16歳 トラブル発生!その2

気付いたらこちらの "DIYブログ" 更新忘れてました(汗)
で結局、社外品は諦めて入手が早い純正品を発注した訳ですが、注文した次の日には手元に届きました!
最近の物流事情による速さもさることながら、国産車純正部品は早く入手できて助かります。
トラブル_4 旧(上)/新(下)どちらのアッパーホースも弾力性に変わりはないようですが… ゴム素材の部品だけにせん断破壊?内圧に対しての膨張対策?でホース断面中央付近に繊維質(糸)を入れて強化しています。旧ホースはその繊維質(糸)がグズグズ状態でしたので劣化は内部でも進行しているようです。それにしてもこのホースの形成技術は素晴らしい!微妙なカーブを描きながらホースの一次側〜二次側がピッタリなのです!あたりまえか〜(笑)
トラブル_5まずはクーラントを抜くためドレンプラグにアクセスを試みるも、アンダーカバーが邪魔をして外さないと手が届きませんので、時間短縮を目指して "奥の一手を"…
大袈裟な手法ではないですが、ラジエターキャップを開け手元にあったφ6程度のビニルホースを奥まで突っ込み "サイフォン原理" で吸出。
下側のロアホースであれば全量排出する必要がありますが、上側のアッパーホースなんでクーラントをある程度抜けば交換できるはず!?
トラブル_7トラブル_6でもって適量をバケツに排出してアッパーホース交換の準備完了。クーラントは半年前の車検時に交換済みなので再使用します。
吸出中の写真撮り忘れました。。。
対象物に合わせて開口部を調整できる "ウォータープライヤー" でアッパーホースを留めているホースバンドを摘み外しますが、これが結構な反力を持って締まっているので一般的なプライヤーではかなり手こずりそう。。。
トラブル_8エンジン側のホース取り付け部は金属製で長期にわたってクーラントと接触していたがため多少の腐食と水垢らしきものが付着している。
このままアッパーホースを取り付けても漏れの原因になることは少ないだろうが、折角なので手持ちの "ワコーズメタルコンパウンド" でサクッと磨いて完璧に!
これこそDIYの醍醐味!ディラーや修理工場にアッパーホース交換をお願いしても流石にここまではやってくれません。(うちはそこまでやってるぞっ!てところがあったらごめんなさい)
トラブル_9アッパーホース取外し直後/腐食・水垢で酷いことに・・・トラブル_10まあまあキレイになったものの・・・時間があれば鏡面仕上げしたかった(笑)トラブル_11こちら "ワコーズ メタルコンパウンド" 金属なら殆どのものに使える万能商品 でも少し高いかな!?
次回につづく。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る