中古車オークション "過去の苦い思い出・・・" その2 - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール
2015年08月07日 [中古車遍歴]

中古車オークション "過去の苦い思い出・・・" その2

前回のつづき

新車
当時はまだ中古車オークションが一般的に知られていなかったのですが、
知り合いの知り合いにオークション会場の会員になっている中古車屋がいて、
(今、思えばブロカーって言うのかも!? それに知り合いの知り合いは後々面倒)
自分でこれだけ探しても見つからないのだから、頼んでみることにしたのです。

オークションの市場相場は分からないし、この中古屋も何の情報を提供してくれるわけでもなく、
このくらいの金額なら買えるだろうと
自分なりに考え払える上限ギリギリの価格を伝えてお願いしました。

ちなみにすべて込みの金額で270万円と伝えた記憶。
それから待つこと2週間、その間に連絡など一度もありません。
本当に買えるのかと不安な日々・・・
そして突然、これから持っていくからと連絡が来たのです

中古車屋 「いや〜買ってきたよ!競ってしまって高くなっちゃったよ!」

わたし 「はぁ〜? でも欲しかった車が目の前にあるので嬉しくて…」

中古車屋 「すべて込みで300万円だわ!」

わたし  「……」

中古車屋「いや〜悪かったね!」

わたし  「???だけど、探しても見つからなかったクルマが、目の前にある訳で・・・
     欲しくて欲しくて結局、契約してしまったのです」



新車

カタログと一緒に「新車価格表」も発見!!
当時のホンダ正規ディーラーは「ホンダカーズ」ではなく
「ホンダクリオ」、「ホンダベルノ」、「ホンダプリモ」の3チャンネ展開で販売してたの覚えてます?
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る