車齢16歳 トラブル発生!その3 - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール
2015年11月27日 [メンテナンス(DIY)]

車齢16歳 トラブル発生!その3

その2のつづき。。。
いよいよアッパーホースの取付け、あらかじめアッパーホースにホースバンドをずらして組入れておきます。ホースのサイズ的に遊びがないのでそのままでは簡単に入れることは難しく、また無理にこじ入れればラジエター側は樹脂製なので経年劣化でもって破損の恐れも… なので適当な滑剤を塗ってから丁寧に入れていきます。トラブル_12くれぐれも油性の滑剤使用だけはやめといたほうが。。。 水と油の相性はよろしくありませんので、私の場合中性洗剤を使用しましたが石鹸水あたりでも問題ないでしょう…
滑剤をアッパーホース本体ではなくエンジン側とラジエター側に適量を塗布すれば、エンジン内部に流入することは極めて稀なので安心。
トラブル_13ずらして置いたホースバンドをウォータープライヤーで挟み元の位置に戻すのですが、その時のホースバンド摘み位置に注意します。
何故ならアッパーホースのラジエター側は結構、高い位置にあってホースバンドとボンネットのクリアランスが殆どない場合、干渉する恐れがありますのでオフセットさせて取付けた方が無難です。
お勧めは作業に取掛かる前の状態を写真に残しておくことですかね。。。
トラブル_14次はバケツに排出しておいたクーラントを戻すのですが、やはりどんなに丁寧に作業しても多少のロスがでます。僅かな希釈であれば濃度に問題はありませんので水道水を補充します。
くれぐれもミネラルウォーター等を注入しないようにミネラル成分が沈着しエンジンにやさしくありませんので…
ロートはペットボトルをカットして代用、耐油性を求められるような場合には使用できません。例えばガソリンの注油等とか。。。あたり前ですかね(汗)
トラブル_15最後にリザーブタンクのクーラント量を確認しラジエターキャップを閉めて、エンジンを掛けラジエターのクーリングファンが回ればサーモスタットが開き冷却路のエアー抜きが完了。
後日、ある程度走ったら再度冷却水量の確認です。減っていたら水道水を補充して置きましょう。
トラブル_16今回、使用した工具類はこれだけ/ウォータープライヤー・ビニルホース・メタルコンパウンド
※整備のプロではなくあくまで我流でやっていますので参考程度にしてください。
※参考費用/部品代は思ってたより高く3,700円くらい、それ以外は手持ちの工具なので0円!

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る