どんな視点で選びます。。。 - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール

どんな視点で選びます。。。

300万円の予算があれば、あなたならどんなクルマを買います?
新車ではなくもちろん中古車のはなし


知り合いの方から中古車購入のご相談を受けました。現在所有しているクルマは新車で購入し4年間お乗りになられた国産車で、次期購入するクルマは輸入車に乗換えたいとのこと。
予算的な制約もあって新車の輸入車ではなく、新車登録から時間が経っていない比較的新し目の中古車にしたいとの希望です。

話しを詳しく伺うと、ご自分がメーンで運転するのではなく、平日の殆どは奥様が使用し週末や休日には家族で出掛けるのことが多いと言うことと、今のクルマは国産コンパクトミニバンなので、今度のクルマは車高が高くない "普通のクルマ" が良いと…
この "普通のクルマ" って。。。?
直接奥様とお話しできれば、どのようなクルマを望んでおられるか分かりやすいのですが、断片的に伝わってくる話では中々難しいものがあります。

そこで奥様の使用がメーンであること、車高は高くないこと、今までコンパクトミニバンを乗られていたので積載性にある程度優れていることも考慮しなくてはなりません。
家族で乗られることを考えると余りコンパクト過ぎず、かと言って大き過ぎず。。。
話しの中で奥様がクルマに関してはまったく詳しくないとも伺っていたので、ひとりで乗られていてマイナートラブルに遭遇したのでは、対処に困ることでしょうから信頼性の部分も大切。
それと女性ならではの視点は、動力性能よりデザイン性を優先して選ぶことが多いみたいで、エンジン、排気量や駆動方式に関しては何も言ってなかったそうな。。。

で、お勧めしたいのが「メルセデス・ベンツ Aクラス」「 アウディ A4 アバント」
「ボルボ V60」で信頼性の高い現行型


"メルセデス・ベンツ Aクラス" は現行で3代目となり、Cセグメントに位置するFF駆動方式のコンパクトハッチ、歴代のAクラスは燃料電池の搭載を視野に入れ、フロアを二重構造としたことで必然的に全高が高くなりハイトな印象が強いが、現行モデルではこれらと決別しBクラスから導入されたFF用モジュールプラットフォームを採用してることが特徴です。
先代Aクラスと比較して全高を-160mm、全長を+400mmとする、全長4,300mm×全幅1,780mm×全高1,435mmと、全長は今お乗りになっているクルマとさほど変わらないので、取り回しに苦労することもなさそうですが、問題は全幅が1,780mmって車幅感覚をどう感じるかですね。。。Aクラス_2Aクラス_2Aクラス_3
"アウディ A4 アバント" はAクラスより少しだけサイズアップのDセグメント、全長4,720mm
×全幅1,825mm×全高1,465mm
ここはセダンではなく積載性を優先しステーションワゴンを選択、ロングホイールベースとショートオーバーハングが織り成すサイドラインの力強いデザインは男性的であるが、逆に女性が乗ることでそのギャップに魅了されるはず、だけど全幅はAクラスよりもっと広く全長に関しては+420mmも長い。。。 A4_1A4_2A4_3
"ボルボ V60" もステーションワゴンであるが唯一の北欧車、1990年代の質実剛健なデザインに比較して、ホント変わったと感じるボルボのエクステリア。輸入車が詳しくない人にエンブレムを伏せて社名を尋ねたら、まず答えられないのではないかと言うくらいに変わった。
それもそのはず、開発当時のデザインディレクターはメルセデス・ベンツから移籍してきた "スティーブ・マッティン" だと言うのだから納得。
ボディーサイズは全長4,635mm×全幅1,845mm×全高1,480mmとアウディ A4と同じくDセグメント。
ボルボらしさは、自車の安全システムも然ることながら、前方の歩行者や自転車に対してドライバーに注意喚起と自動ブレーキをかけて、運転をサポートする検知システムにあると思う。そう考えるとデザイン性だけでなく、このように周りに対して安全配慮するボルボをお勧めするのも悪くないと思うわけで。。。V60_1V60_2V60_3V60_4何れにしても年内の中古車オークション開催は殆ど終了ってことで、年明けから本格的に探すこととします!
そう言えば肝心なボディーカラーに関して何も聞いてなかったけど。。。(汗)
なぜか赤いクルマの画像ばかりに。。。意図的ではありませんので(笑)


車検まではまだ時間があるとの事なので、Y・E様もう暫くお待ちください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る