#MINI(R56型/2代目) - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール

#MINI(R56型/2代目)

先代(R53型)とパッと見には大きく変わってないが、ほとんどのボディパーツを刷新された2代目 "R56型 MINI" 日本でのデビューは2007年(平成19年)
モデルチェンジする度、快適性を求めボディサイズが拡大して行くのは輸入車、国産車を問わずごく普通の流れである。MINIも例外ではなく先代型と比較して全長3,745mm(+90mm)全幅1,685mm(+5mm)全高1,430(+5mm)となっているが、5ナンバー登録車ともなれば全長が4,000mmを超えるのがあたり前の時代、全長3,745mmがいかにコンパクトで他にはない独創的パッケージングのクルマであるか乗って見るとその良さに気付かされるはず。MINI_1デザインはキープコンセプトであるものの上記記載のように実寸はわずかにサイズアップされており、大きく変わったのはパワートレーン。
従来モデルのクライスラー製であるペンタゴンエンジンは廃止され、プジョー・シトロエングループと共同で新たに開発された直列4気筒エンジンや直噴ターボエンジンを搭載し高効率化が図られている。
2代目MINIは英国生産だが、言うまでもなくBMW傘下でその設計には同社が深く係わっている。特にエンジンや制御系は2代目となったR56型ではその度合いが高く、ドイツ車に代表されるような品質の高さは紛れもない事実である。

MINI_2MINIはこれだけ多くのボディバリエーションを持ちながら、ほぼすべてのグレードにMT6速とAT6速トランスミッションを用意する数少ない車種、トルコン式AT6速トランスミッションは安心の "アイシンAW" 日本製で信頼性も高い。
中古車オークション市場での流通量は圧倒的にAT6速が多く全体の95%以上を占め、MT6速を探しているなら腰を据えてジックリと!
ボディバリエーションが7タイプも存在するMINI、今回の中古車オークション市場相場の掲載は "MINI COOPER" "MINI COOPER S" に限定。

2007年(平成19年式)COOPER S グレー(871) 走行距離2.5万km 落札価格85万円弱「評価点4.0」
2008年(平成20年式)COOPER S ブルー(A63) 走行距離5.7万km 落札価格90万円弱「評価点4.0」
2008年(平成20年式)COOPER S レザー グレー(871) 走行距離6.1万km 落札価格90万円弱「評価点4.5」

2009年(平成21年式)COOPER ホワイト(850) 走行距離3.2万km 落札価格95万円強「評価点4.5」
2007年(平成19年式)COOPER シルバー(900) 走行距離4.1万km 落札価格80万円弱「評価点4.5」

MINI_3
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る