プレミア価格で落札、、、 - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール
2016年02月12日 [中古車オークション]

プレミア価格で落札、、、

とある中古車オークション会場のポス席で、いつものようにテレビモニターを眺めながら落札代行依頼された車輌の出品時間を待っていたときのこと。
通常であればものの数十秒で出品車輌のセリ時間は終わってしまうのに、スタートしてから金額は上がる一方で終わる気配すらない。。。
"あれれ〜と思いつつ、テレビモニターに釘付け"
プレミア価格正確な落札価格は問題も多いので少しだけ、、、でも1,000万円台なのは分かるでしょう。。。
出品車輌は評価4.5点のグレーMボディでオークションスタート価格は600万円台、搭載エンジンは3.2L/直列6気筒DOHC/360ps/DL仕様
ちょっと調べて見ると、世界限定1,389台(左ハンドル843台、右ハンドル546台)そのうち日本に正規輸入された台数は、正確な数字や左右ハンドル仕様の内訳こそ分からないものの僅か80〜90台だそう。
日本に正規輸入された台数だけに特化すると、生産された全体の5〜6%が日本国内を走っている計算になる。
世界の国と地域は概ね190ヶ国くらいで、そのうち出品車輌の生産国と貿易協定を締結している国がどれくらいあるかは不明だけど、この正規輸入された台数は決して少ない数ではなく、同社が日本を世界的に見て重要なマーケットとして捉えている証だと思うのですが。

プレミア価格で落札された出品車輌は、ズバリ "E46型 BMW M3 CSL"
新車価格1,150万円を1,300万円(税込み)以上で落札された訳で、おそらく国内販売用ではなく例えば中東・アジア方面とかに輸出されてしまうのかなと。。。
世界から見た日本の中古車市場は良質なクルマが多く流通していると捉えられていて、中古車オークションには世界各国から来たバイヤーが数多く参加し、市場相場を遥かに超える高価格で落札されて行く車輌も数多く見受けられるのです。

今回、出品されていた車輌は当店では扱ったことのない落札価格帯だけに、私だったら1,000万円超の落札価格を予想したら肩に力が入り過ぎて、きっと前日は寝付けない夜になりそうだけど。。。
また1台、希少なクルマが海外へ輸出されてしまうと思うと、少しだけ残念な気持ちになったりして・・・
最後に "E30型 M3" こちらの車輌も発売から30年も経っているのに高値で落札、まだ "E46型 M3"の方がお買い得感は高いと逆転現象が起こってますね。世界のマーケットは広い!
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る